2014年05月26日

5/18イベント&その他もろもろ報告

告知記事を書かないまま終わっちゃいましたが、前々回の日曜日は宇都宮のバンバ広場で開催された、NPO法人日本アニマルセラピー協会栃木中央本部様主催イベント「ペットと上手に暮らすためのいい話」で里親会をやりました。

DSC_3715.JPG

当日は壬生との2会場同時開催でしたが、里親会参加メンバーのほか、お手伝いを申し出て下さった小山市のTさんや前回の記事の茶トラのチャーくんの保護主さんご夫妻、チビ猫13匹の現場の子猫を預かって下さっているSさんご夫婦が設営・撤収のお手伝い下さって、とっても助かりました。皆さんありがとうございます。感謝です!

当日の様子は、みぶ里親会Facebookページにアップされているのと(記事はこちら)、毎度ですががっちゃんさんが書いて下さってるので是非そちらを!

(といって、里親会報告記事をサボるワタシ…。)

ちなみに先日の記事で紹介した、飼い主死亡現場からレスキューしジニさんに預かって頂いている「シアン」くんは、このイベントで初参加となりましたが、別の預かりさん宅にいる「さくら&うめ」と2ヶ月ぶりにご対面しました。

左がさくら&うめケージ、右がシアンケージ。
ん?なんか覚えのあるニオイ・・・って思ってるのかな。

DSC_3742.JPG

ここの現場の子たちはまだあと8匹現地にいます。ご遺族が世話に通って下さってはいますが、猫にとって快適な環境が維持できているとは言い難く、どうしたもんかと困っていました。

そこで、イベント会場でで久々にお会いした「コンタくん&あずきちゃん」改め「おーちゃん&めりちゃん」の里親さんにちょっと相談してみました。実は里親さんはその現場に近いところにお住まいだったので・・・。

負担にならない程度でかまわないので、現地のお掃除と猫の人馴れ訓練をしていただけないか、とお願いしてみたところ、快く引き受けて下さいました。Tさん、ありがとうございます!

そこで先週金曜日仕事の後合流して現地に行き、一緒に作業をしてきました。

結構長い時間いたせいか、「もしかしたらこの子は馴れるかも!?」と予想していた白黒の女の子が、しばらく高いところからじっと眺めていたのに突然降りてきて、スリスリゴロゴロニャンコになりました(笑)

Tさんが撮って下さった写真。

10361078_654905537922546_956490524_n.jpg

10409926_654905524589214_898545420_n.jpg

この子は里親探しできそうです

里親Tさんは日曜日も現地に行って下さったそうです。ほんとに感謝です!宜しくお願いします。


さらに、バンバイベントがらみの話題。

このイベントの里親会には、「大福」くんというクリーム色の男の子が参加していました。

DSC_3725.JPG

大福君は、宇都宮市内の飲食店街で増えてしまった猫達のTNRを行った際に捕獲され、リリースする予定だった子です。でも、ものすご〜〜く人懐っこい子だったので、リリースをやめ保護して里親探しをすることにしました。4/26の記事に書いた「ライライ」くんと同じ所にいました。

大福君を預かって下さっているMさんは、その現場近くのこれまた野良ちゃんが増えてしまっている現場を以前から個人的にコツコツTNRされていらっしゃる方で、大福君のいた現場についてもいろいろ協力して下さっています。

大福くん達の現場はまだまだ解決には程遠く、今後も手術を進めていく必要がありますが、とても個人レベルでできる現場ではないため、今後どうやって進めていくかが問題です。イベントの後、そのMさんご姉妹といろいろお話ができ、今後についても相談することができました。この現場についてもまた改めてきちんと記事に書きたいと思います。

ワタシ好みのぷくぷくの口元の大福くん 里親さん募集中です!

10294277_1394141870873237_8425146339580501235_n.jpg
(保護主さんのお写真を拝借しました)


さらにイベントがらみの報告。

バジミンさんのブログを見てはるばる埼玉からキキちゃんに会いにバンバのイベント会場に来て下さった方がいらっしゃいました。

イベントではグーグー寝ていたキキちゃんココちゃん

DSC_3735.JPG

会場でお話が進み、トライアルに出ることになりました

本当はバジミンさんと一緒にお伺いすることになっていたのですが、バジミンさんがご家庭の事情で急遽帰省しなければならなくなり、私の方で土曜日にお届けしてきました。バジミンさんお留守中お泊まり保育に協力して下さったがっちゃんさんもありがとうございました!

直前までがっちゃんさんちでニャンたちと遊んでいたキキちゃん、車に乗せられて、「なんなのー!どこ連れてく気ー!?」と抗議の声をあげていましたが、それもつかの間、さっさと寝てしまいました。

DSC_3746.JPG

里親さん宅到着後、先住ワンコとは距離がありましたが、お互い威嚇することもなく、終始マイペースなキキちゃん。暫くはケージの中でグーグー寝てましたが、ケージから出したらすぐおもちゃで遊んでました。キミはどこでもやっていけるね。

DSC_0828.JPG

とっても素敵なご夫婦でした。先住ワンのロン君、キキちゃんをよろしくね。

DSC_0821t.jpg

もっと詳しいお話はバジミンさんのブログを見て下さいね💡


イベントでトライアルの話まで進んだのはキキちゃんだけでしたが、会場にいなかったニャンをご紹介し、後日面会をセッティングすることになった方もいました。

紹介したのは、前回の記事にも書いたクリームトラ親子。先住のニャンコと合う子、ということだったので、多頭慣れしていて穏やかなこの子たちのうちのどちらかでお話を進められないかな、と思いました。

DSC_3764.JPG

昨日の里親会の後、保護主さん宅にニャンたちを迎えに行き、希望者さん宅へ行ってきました。残念ながら会わせてみたかった先住ニャンコは、ニンゲンにビビってしまって、姿を見せず。う〜ん、残念。

とりあえずこの日は猫を見ていただくだけにし、どうするかは後日お返事をいただくことになりました。この子たちもケージ暮らしなので、早く出してあげたいです。決まるといいんですが・・・。

あと、前回の記事の後の報告として。

アメショ風ニャンコ「よねちゃん」、無事正式譲渡となりました。名前はリリちゃんになりました🎵

DSC_0817.JPG

2週間後再訪問したら私を見て「このヒトダレ!?」状態のリリちゃん。あんなにベタベタだったのに(:_;) まぁそれがニャンコです。

DSC_0816.JPG

リリちゃん、終始そんな感じで、すぐコタツに隠れてしまいました。里親さんに対してはすっかり甘えん坊になったようですから、今が幸せならそれでいいんです(^^)

うちでは未手術で、里親さんの方で手術していただくことになっていたのですが、手術の予約を取り、いざ病院に連れて行ったら、なんと手術痕があるかもしれないとのこと。

16匹の子たちのうち、他の15匹は未手術で、この子だけしてたなんてことあるんでしょうか。ひょっとして飼い始めた最初の子がこの子で、出産してしまったからこの子は手術したとか・・・?

とりあえず発情が来ないかしばらく観察することになりました。手術したかどうか判別する検査があればいいのになぁ。血中のホルモンとか調べれば分かりそうだけど。

とにかくよねちゃん改めリリちゃん、幸せにね。他の15匹も後に続け〜。

DSC_0815.JPG

現地組のニャンたちの預かりさんも引き続き募集しています!宜しくお願いします。



最後に、ここのところボラ仲間のブログ等で話題になっている動愛職員さんの自死問題について。

新聞記事にも取り上げられたので、動物に関心のある方はみなさんもうご存知でしょう。

おそらく私のブログを読んで下さっている方は、私はどう思っているんだろうと思っていらっしゃるでしょうから、いずれ書こうと思っていましたが、また後ほど別記事で書きたいと思います。

ちなみに、私自身は直接面識のない方でしたので(お姿を拝見したことはあります)、亡くなった職員さんと交流のあった方々の動きを見守っています。そのうえで私にできることをしていこうと思います。

Yさんのご冥福を心よりお祈り致します。


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

posted by Chirota at 22:05| 栃木 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

もりだくさんなGW

GWも今日で終わりですねー、って記事を5/6に書いたまま下書き状態でさらに4日経っちゃいました。

私は連休後半いろいろと動物の予定を入れてしまったので、おでかけは29日のみ。おでかけといっても佐野ラーメン食べて道の駅どまんなかたぬまに行って佐野のアウトレットに行っただけ。うちら夫婦はアパレル無関心なので、買ったのはパスタソースとショルダーバックのみ。あ、ダンナさんがゴルフ用のシャツ買ってたか。

後半の連休は動物関係。金曜日は休みを取り、例の13匹のチビ猫達の母猫達の手術のため、朝イチで太田原方面に行き、3匹捕獲して午前中のうちに戻ってきて病院に預けました。室内飼育の飼い猫なのに飼い主は触れないし個体識別できない。なのでこちらで行って捕獲するしかないんです。世話が焼ける〜。

午後は壬生の飼育放棄猫の預かりさん(正確には里親候補者さん)と待ち合わせして壬生の病院に。猫を診てもらった後、バジミンさん不在中チビ猫達を預かって下さった宇都宮のがっちゃんさん宅に行き、チビ達を受け取り。

そのまま宇都宮の飼い主死亡16匹猫の現場に行き、預かりさんが確保できた子を引き取って、宇都宮の病院へ。健康チェックをした後、宇都宮の預かりさん宅へ。猫を預けていろいろお話をした後、チビ達を戻しに那須烏山のバジミンさん宅へ。あっちこっち大移動の1日でした。

その日宇都宮の協力者さん預けた16匹現場の子はこの子です

DSC_0804s.jpg

まんまる顔のグレートラの男の子。仮名をシアンくんと名付けてもらいました。

私のブログを見て預かりを申し出て下さった『ジニさん』は、ご自身でも保護経験があり、うちの会での譲渡経験もあります。震災時は飼い主さんが避難中の被災猫ちゃんを1匹預かられ、その子「トラちゃん」は無事飼い主さんの元に戻って行きました。

金曜日久々にお会いして、やっぱり言われたのはブログの更新が滞っていること。ずっと更新がないと心配しちゃうと言われました(笑)。

短文でもいいから更新してくださいね、と言われたので、努力します!
(とか言ってまた長文だし)

預かりさんが確保できて連れてきて初めて気がついたのですが、シアンくん、なんとケンカ傷があちこちにありました。

元は3階建ての家に散らばっていた16匹の猫達。みんな未手術だったので、当然オス同士はケンカが絶えなかったでしょう。現在は1階の部屋を掃除し、そこに猫達を入れているのですが、私達が行くとみんな団子になって隠れてしまうので、誰が仲が悪いのかが分かりません。1週間ほど前に行ったとき、床に毛がごそっと落ちていて、ケンカしたような形跡があったので、気になっていました。

落ちていた毛の色からして、この子だったのでしょう。預かりさんが確保できてよかったです。

DSC_0807s.jpg

今は馴らし訓練中。落ち着いたら里親探し開始します。シアン君の様子はジニさんのブログをご覧くださいね。


翌日3日は前日に手術した猫達を戻しに大田原へ&黒磯へ猫のお届け。

デビュー前にホームページから問い合わせがあり、里親会でお見合いした茶トラのチャー君。新しいおうちで固まってしまって、保護主さんがチャーくんにと付けてくれたお気に入りのベットに入ったまま出て来ず。

DSC_0810s.jpg

無理に出すのも可哀そうだからと、ベットのまんま譲渡写真撮影しました。

DSC_0811m.jpg

優しいご家族だから、大丈夫だよ、チャー君。幸せになってね。


4日の日曜日はもちろん里親会。ゲストが多くて私自身はかなり忙しかったので、里親会の様子はがっちゃんさんのブログの記事を見てくださーい。

5日はよねちゃんやシアンくんのいた宇都宮の飼い主死亡16匹猫の現場のお掃除に行きました。

16匹は全く手術されていなかったので、3月一斉手術の時に西那須野いぬねこ里親会のスタッフさん達が捕獲を手伝って下さり、その時にまず12匹手術しました。スタッフさんは猫達を戻す部屋の掃除までして下さったのですが、スタッフのYさんがその後もずっとあの猫達を気にかけて下さり、今回また現場の状況がひどくなってきているということで、掃除のお手伝いを引き受けて下さいました。

掃除はうちのボスも来てくれるというので、ご遺族も含め4人でやるか―、と思っていたら、日曜日の里親会に、2007年にうちの会から猫を譲渡した里親のMさんが突然来て下さいました。

ブログをご覧になり、「何かやれることはないですか」と来て下さったMさん。いろいろお話させていただき、急遽今回のお掃除のお手伝いをしていただくことにしました。YさんにもMさんにも感謝です。お陰できれいになりました。ありがとうございます!

ここの現場のことについてはまた別の機会にきちんと記事にしたいと思っていますが、ただ単に16匹の飼い猫が遺された、という現場ではなく、完全に『多頭飼育崩壊現場』です。

今回は、最初の掃除の後敷いていたブルーシートを撤去し、プラダンを敷き詰め、トイレもシステムトイレに変更しました。もともと和室なのですが、畳がひどい状態なのと、水やフード・砂がこぼれて不衛生なのでブルーシートを敷いていたけれど、猫がグチャグチャニしちゃうのでプラダンに変更。とにかくご遺族が掃除しやすい環境にし、猫をいい状態に保ってもらわないと里親探しもできません。

DSC_3693.JPG

今はこの状態ですが、もともとはかなーーーりひどい環境でした。この部屋以外はまだそのままの状態です。

あとはもう少し猫が隠れられるような場所を作りたいと思っていますが、やはり人馴れが問題ですね。うちのメンバーと預かりさんとで保護してはいますが、行き先のない子達がまだあと9匹います。現地に置きながら里親か探しが難しい子たちなので、引き続き預かりさん大募集中です。


この日、現場のお掃除が終わった頃、また大田原のチビ達の現場からSOSが入りました。手術した子は人馴れしてないので(室内飼育の飼い猫なのに!)、部屋にフリーにすると術後の投薬ができないのでケージ管理してもらっていたのですが、ケージから脱走して捕まらないというんです。

しょうがないからこちらが現地に行き捕獲しケージへ移すしかありません。ほんとにもう世話が焼ける!

このまま今夜行くか、と迷いましたが、そのと時すでに夜遅い時間。その時間から大田原に行く気力がなく、水曜日の仕事のあと行ってきました。

行ったついでに、チビ達が風邪をひいて状態が悪いというので、既にチビ達3匹を預かって下さってた宇都宮のSさんが、預かりっ子たちが卒業したのでまた預かりを申し出て下さっていたので、状態の悪そうな2匹を連れて帰り、その足でSさん宅へ。

左の色がちょっと濃いキジトラがふじ君、右の薄めのキジトラがさくらちゃんと名付けてもらいました。

DSC_3697.JPG

翌日病院に連れて行ってもらい、カラー装着となってしまいました。でもちゃんと治療できる環境に移ってよかったです。Sさんありがとうございます!

写真.JPG

この子達は風邪が治ったらワクチン打って里親会参加になります。ということで現地組仔猫はあと3匹。風邪が悪化しないといいのですが…。残りの子達も預かりさん募集中です!

ちなみに、うちで保護した『よねちゃん』は前回の記事に書いたとおり、ワクチン打ってシャンプーして里親会デビューさせたら、なんとその日にお声がかかり、その日のうちにトライアル開始しました。

DSC_3655.JPG

留守が長いので成猫を希望されていたのですが、その中でよねちゃんのまんまる顔に惚れてしまったようです。まぁるい顔は人気ですね。

お届け時は隠れて出て来なかったよねちゃん改めリリちゃん。今はだいぶ馴れて甘えてくれるようになったようです。正式譲渡手続きはこれからですが、問題ないでしょう。里親S様、宜しくお願いします。


と、ざっと書くとこんな毎日でした。庭がひどいことになってるんだけどやる時間がありませんでした。

明日も里親会、チビ達も来ます。たぶんゴロゴロゴローちゃんの兄弟も参加すると思います。ベタベタニャンコです!会いに来て下さいね。

DSC_3504.JPG

う〜〜ん、やっぱ長い。読んで下さってる方すみません。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


posted by Chirota at 14:21| 栃木 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

栃木県動愛推進計画案パブコメ締め切りあさって金曜日です!

宇都宮市鶴田で行方不明になったワンコ小次郎君(仮名:次郎君)、まだ見つかっていません!
似たような子を見かけた方、ご連絡ください。詳細記事はこちらです。

小次郎君捜索状況マップ

小次郎君迷子チラシ



相変わらず更新頻度が低く、申し訳ありません。

この記事ももっと前に書こうと思っていたのに、直前になってしまいました。

みぶ里親会のFacebookページで1ヶ月前に記事アップされていた、栃木県動物愛護管理推進計画案のパブリックコメントの締め切りが今週の金曜日、1/24(必着)となっています。

詳しくはこちら ⇓
https://www.facebook.com/mibusatooyakai/posts/253145601508516


現行の栃木県動物愛護管理推進計画はH20年度から進められていますが、動愛法と関連法が改正になったことから、推進計画も改正となり、そのパブリックコメントを募集しています。

署名運動は結構みなさん「署名協力します!」と盛り上がりますが、いまいちパブコメはそこまでの関心がない気がします。まぁ、その意見がどの程度反映されるかというと、正直意見を出してもあまり手応えがないかもしれません。

でもパブリックコメントは行政が正式に県民にコメントを求めているわけですから、普段から栃木県の動物行政に疑問を持っている方は是非意見を出していただけないでしょうか。

実は先月、5月に出した質問状に対する回答とその説明の場を行政側が設けて下さいました(5月に出したのにもう半年経ってるじゃん!むかっ(怒り))。

出席者は行政側は県庁保健福祉部生活衛生課の職員1名、動愛センター職員4名、こちら側は私と、ボスにも来てもらって2名でした。

こちら側がもっと人が来ると思ったらしく、レクチャールームを取ってくれていて・・・それならみんなに声かければよかったなぁ。その少し前に、複数のボランティアと動愛との話し合いの場があったのですが、それは管理等の隅っこのテーブルにみんなちまっと座ってやったので、今回もその程度だと思ってました。(その時狭かったから気を利かせてくれたのか?)

その内容については別途まとめてから記事アップしようと思ったのですが、まとめてるヒマがありませんでしたのでまた後日。

ただ、とりあえずその会合の中で感じたのは、動愛センターよりもさらに本庁が話にならない、ということですね。

センターにも個別には言いたいことも沢山ありますが、センターは出先機関。現場に関することは、登録団体さんなどのご尽力で1年前に比べたら今年度はかなり変わったと思います(まだまだですけれど)。

でも結局は本庁が変わらないと、どうにもならないでしょう。予算の問題もあるし。

その会合で、いろいろ意見も伝えましたが、本庁職員には「ご要望があればパブリックコメントでお願いします」と言われました。

なので、別に意見が1つだけでもかまわないので、是非皆さんもコメントを出して下さい!

ちなみに、現行の計画で目標達成できていないのが、「動物愛護推進員」の委嘱人数。目標ではH24に60名となっていますが、現在28名。今回の計画案ではH30までに60人と数値目標を定めています。

が、この人数について本庁職員O氏の話によると、うち30人は災害時に活動をする人員を想定しているそうです。改正動愛法で災害時協力が推進人の活動に明記されたからですが、てーことはその30人は災害時以外はなーんにもせず、通常の活動をするのは30人ということですか??

しかも、計画では委嘱方法は公募など検討するようなことが書いてありますが、本庁職員は、現行の「県獣医師会」「愛玩動物協会」「譲渡犬等飼い主の集いの会」以外からの委嘱は今後も考えていない口ぶりでした。その3団体に属さない誰かが「私推進員になりたいです!」と思ってもなれないわけですねー。それってどうなんでしょう??

あと、是非とも皆さんにコメントしていただきたいのが、推進計画案P21「〜動物愛護指導センター「愛護館」の活用〜」。

施設についてやイベント、ホームページについてなども内容に含まれています。県民の方には一番関心を持ってもらえそうな部分だと思いますので是非意見して下さい✋

ちなみに、行政側は「殺処分ゼロを目指すけれどそれは長期的な目標、世代交代する20年後は変わるだろう」という意見でした。

ということで、文字ばっかで読みづらい記事でスミマセン。あとで余裕があったら何か写真でも載せます。


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
posted by Chirota at 20:24| 栃木 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

いろいろあった1週間

11月第3週はいろんなことがありました。

前々回の里親会の日、うちのボスのいるところに寄ったら、近所で餌をもらっているニャンコが私達の前に現れたのですが、どうも様子がおかしい。歩き方がフラフラしてる。

触ってみたら、体が温かくなくて、手足なんて「あったかくない」じゃなくて「冷たい!」という状態。皮膚の色も真っ白、口の周りもよだれだらけ、自力で歩くのが限界、という感じでした。

DSC_2471.JPG
 
私はそのあとのスケジュールがパンパンで身動きが取れなかたので、すぐ他のスタッフさんに連絡を取り、急遽動いてもらうことになり、日曜午後やっている病院に連れて行ってもらいました。

診察では極度の脱水、貧血、体温は35度。
 
餌をやってた人は保護する意思がなく、かといって保護場所もあるわけではないので、ボスが車の中にケージを置き、あったかくして診てくれましたが・・・翌日息を引き取りました・・・。

茶白くんはいつもお世話になっているペット霊園で火葬していただきました。最期にボスに「空」くんという名前をもらって、お空に昇って行きました。

DSC_2490m.JPG

助けてあげられませんでした。おうちの中であったかくしてあげることもできませんでした。ただ、あの日私達の前にフラッと現われなかったら、きっとどこかで息絶えていたことでしょう。一人で逝かせなくて済んだことだけがせめてもの救いと思うしかありません・・・。


**********


去年の6月、アパートに捨てられていたこまちとほのか母娘。
※保護当時の記事はこちら

預かりさんが確保できていなくて、それ以来約1年半ずっと倉庫に置かれた2段ケージで暮らしています。

そのこまちとほのかが、幸せになるチャンスが訪れました。

三毛猫の里親希望の問い合わせがあり、うちの会で保護している子達をいろいろ紹介したところ、こまち達の境遇を気にかけて下さり、トライアルしてみることになりました。

DSC_2492.JPG

こまちとほのかはとっても仲のいい母娘。ただ、里親会に連れて来ると、こまちは不機嫌になり、ほのかにやつあたりすることがありました。

トライアルしてみたところ、私達が帰ったらこまちが急に機嫌が悪くなり、ほのかに威嚇・攻撃するようになってしまい、それにつられてほのかも威嚇しだし、希望者さんは喧嘩の仲裁のため猫達から目が離せない状態になってしまいました。

2匹のことを真剣に考えて下さって、いろいろ悩んで下さった、とてもいい希望者さんでしたが、猫達の様子は変わらずずっとナーバスな状態が続き、結局戻すことになりました。

こまちたちの里親探しはまた振り出しに戻りました。

ケージ生活が長い子は、どうしても家に馴染むのに時間がかかってしまいます。この子たちもなんとかケージ暮らしではなく一般の家庭で保護できたらいいのですが・・・。

この子たちも、預かりさん募集中です!もちろん里親さんも!


**********


飼い主が亡くなり、飼っていた犬達が遺されて、処分の危機に直面していました。

相談を受けた時、既に行政に収容されてしまっていて、行政側で個人への一般譲渡・登録団体への譲渡の可能性もあったので、水面下で動きながら様子を見ていました。が、譲渡の可能性がなくなり期限も迫っていたため、なんとかうちの方で預かり協力者を確保し、無事引き出すことができました。

ミニチュアダックスのさくら♀(11歳)とセナ♂(10歳)です。

DSC_0434.JPG

この子達については、またあとできちんと記事にしたいと思います。里親募集中です。


**********


これまでも何回か記事にしている多頭現場の猫達。現場Aのほうは飼い主の同意が得られず手術できませんでしたが、現場@(デイジーとエリカの生家)の方の猫達はなんとか春生まれの子達も全頭手術が終わりました。

先日行われたちばわん&犬猫みなしご救援隊主催のTNR手術の西那須野いぬねこ里親会枠に混ぜていただき、未手術だった子達を全頭手術しました。関係者の皆様、ありがとうございました。

術後のサビちゃんたち⇓ この子達のどちらかはおそらくエリカの姉妹です。

DSC_2502.JPG


飼い主の同意が得られない大きな理由の一つに「費用は出せない」というものがあります。増えてしまって困るけれど、お金は出せない、多頭現場の飼い主は大抵そういう反応を示します(中には増えてしまっても全く気にしないような困った人もいますが)。

だけど、じゃお金はうちの方で出しますから!とも言えません。

費用面で折り合いがつかず、手術が進まないでいると、結局不幸な命が増えてしまいます。今回は、「費用をどう捻出するかは考えることにして、とにかく手術はしてしまいましょう」ということでなんとか現場@は手術できました。

行政は、処分ゼロを目指す、ということでいま譲渡の方に力を入れてますが(でもそれも正直ボラ頼みという感じですが)、増やさないようにするための施策は何も講じていません。

生まれる数を減らさなければ、きりがないですよね?無料手術を実施してる自治体もありますよね?是非栃木でもやってもらえないでしょうかね。

現場Aの方の仔猫たちは、状態の悪かった3ヶ月の子達を2匹、預かりさんが預かって下さっていますが、残りの兄妹2匹は預かりが確保できず、そのままになっていました。

その2匹を日曜日に連れて来てもらったので、病院にかけたところ、案の定猫達の健康状態は良くなっておらず、栄養状態も悪いままでした。見かねてスタッフさんが預かりを申し出て下さいました。

DSC_0451.JPG


サビ猫ちゃん♀

DSC_0449.JPG


淡い茶トラくん♂

DSC_0448.JPG


治療が終わったら、里親会に参加します。宜しくお願いします。

その現場には、成猫が5匹、春生まれの子が4匹いますが、飼い主はろくに餌を与えていないようです。成猫達も抱き上げるとスカッと軽いんです。相談者さんはそこの子で状態が悪い子をまた保護してくるつもりのようです。

チビ達のママも、他の猫にいじめられていたので仔猫たちと一緒に相談者さん宅に連れてきました。耳ダニ猫カゼひどかったですが、今はおめめパッチリ美人さんになりました!

DSC_2517.JPG

相談者さん宅で保護している子達は他に現場@の仔猫たちが9匹まるまる残っています。なんとか頑張って里親探ししなければ!


**********


日曜日の里親会は里親さんが何組も来て下さったり、支援物資を持って来て下さる方がいたりと、にぎやかな日になりました。

うめめさんとこから巣立ったくっぱ君。可愛いんだけど鳴きまくるらしい・・・。優しいパパママを困らせちゃダメですよ。

DSC_2510.JPG

この日なんだか沢山頭数がいたので、数えてみたら、犬17匹、猫は30匹くらいでした。お休みの人もいたので、全部出したら犬は20匹超え、猫は40匹くらいになってしまうかもしれません。

DSC_2507.JPG


またしても、突然会場に猫を連れてきた方が。

DSC_0431.JPG


うちの里親会は飛び入り参加はできませんので、参加の申し込みをしていただきました。まだちょっとちっちゃいかな。ワクチン打ってから参加してもらう形になります。


それにしても、置き場所がないですね・・・困りました〜。

居候中だったTNRニャンコは元の場所に戻りました。ご飯はもらえるだろうけれど・・・これから寒くて厳しい季節、そう思うと辛いです。

まだ話題はあるのですが、長くなってしまったのでまた今度。


  
ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
  

posted by Chirota at 22:41| 栃木 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

スマホアプリ(Lite)からのテスト投稿

里親会でのうちのニャンズ。

左:エリカ
中央:デイジー(体しか写ってない)
右:アリス(あっち向いてる)



 
posted by Chirota at 12:42| 栃木 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。